プレゼント魂

結婚祝いのマナーについて

結婚祝いのマナーについて解説します。最近ではしきたりにこだわらないハウスウェディングが人気ですが、やはり結婚は神聖なものなので、失礼のないようにふるまいたいものです。結婚祝いのプレゼントを贈る時期は結婚式の1か月〜2か月前がベターです。最悪、挙式の1週間前くらいまででも失礼にはなりませんが、色んなことでばたばたしている時期なので日数には余裕をもって準備をしましょう。結婚式の当日にプレゼントを渡すのは迷惑になる場合があるのでなるべく避けましょう。プレゼントは品物だけを届けるのではなく、一言でもよいのでお祝いのメッセージを添えるとより感動的になります。お祝い金は結びきりのふくさに入れて中の包みに金額を書いて渡しましょう。お祝い金の相場は兄弟など近い身内の方には5万〜10万。友人の方などへは2万〜5万。それ以外の場合は1万〜2万が相場のようです。金額については気持ちの部分が多いですが、いくら包めばいいかは結婚される方と本人の間柄によります。失礼のないように配慮しましょう。